読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長いものには巻かれない

常識は非常識かもしれないと考えてみる

Excelマクロ機能の実務的な使い方を世界一分かりやすく解説します。超初心者向け!

こんにちは。Excel達人のなほちゃんです。
「マクロ記録」の 実務的 な使い方を解説しますヨ。
難しそうって思ったあなた! 超やさしく説明するので、逃げないでね。

こんなのを作りま~す。えっ、全然実務的じゃないじゃん。
まぁそう言わないで。最後までお付き合いください。

f:id:komanaho:20161208081603j:plain

鍵は「相対参照」

Excelを普段使う方なら、マクロ記録機能はご存知のはず。操作を記録して繰り返し使えるようにするための機能ですよね。

でも、この機能をよく使ってるよーっていう方をあまり見かけないです。結構便利なんですけど、使い方にコツがあるんです。それは「相対参照」ボタン。

相対参照?なんだか難しい言葉が出てきました。Excelには相対参照と絶対参照という考え方があるんですが、言葉で説明すると難しいので、絵で説明します。

f:id:komanaho:20161208084141p:plain

上の絵を見ていただければ分かると思いますが、一応解説します。難しいので飛ばしてもらってOKです。

絶対参照は固定された住所そのもの。Excelで言えば、A1 とか B1 とかのセルの番地になります。一方、相対参照は何かを基準にして位置を決めること。Aさんが動けば、家の場所も変わります。Excelで言えば、アクティブセル(今カーソルのある位置)が基準になります。

Excelでマクロ記録機能を使う準備

では、マクロ記録機能を試してみましょう!!
インストールしたばかりのExcelにはマクロ記録ボタンがないので、追加します。

f:id:komanaho:20161208091434p:plain

 

1.ファイルメニューをクリックします

f:id:komanaho:20161208091505p:plain

2.オプションをクリックします

f:id:komanaho:20161208091523p:plain

3.リボンのユーザー設定で、開発にチェックをつけて、OKをクリックします

f:id:komanaho:20161208091926p:plain

これで、準備OKです。

マクロに記録する前に、まず練習

マクロ記録を使う前に、何を記録するのか、操作を1度確認しておきます。今回は、冒頭にあげた格子状の塗りつぶしに挑戦します。え~まじ?と思った方は、騙されたと思って、やってみてくださいね!

1.まず適当な範囲に色を塗ります。何色でもOK

f:id:komanaho:20161208093009p:plain

2.次に、A1のセルをクリックします

f:id:komanaho:20161208093059j:plain

3.クリアの「すべてクリア」をクリックして、色を消します

f:id:komanaho:20161208093358p:plain

4.カーソルを二つ下のA3セルへ移動します【最重要ポイント!】

これは重要ポイントなので、絶対省略しないでくださいね。

f:id:komanaho:20161208093816p:plain

この一連の操作をマクロ記録で記録させてみましょう。
いったん全部塗りつぶしておいてください。

いよいよ、マクロ記録を使ってみる

1.開発をクリックし、「相対参照で記録」をクリック

相対参照で記録がグレーになっているのを確認します。(ここ大事!)
カーソルはどこでも良いですが、説明のため、とりあえずA1に置きます

f:id:komanaho:20161208095044p:plain

 2.「マクロの記録」をクリックします

マクロの記録ダイアログボックスが表示されます。
マクロ名、ショートカットキー、マクロの保存先、説明を設定します。

マクロ名は、何のマクロか分かるように入れますが、今回は Macro1 のままで。

ショートカットキーは、コピー(Ctrl+C)とか、切り取り(Ctrl+X)とか良く使うものと被らないように注意。今回は小文字のエルにしました。

マクロの保存先は、「作業中のブック」にすると、今回のブックだけに保存されます。「個人用マクロブック」に保存すると、Excel を使うたびに利用できます。

f:id:komanaho:20161208101226p:plain

3.マクロ記録スタート!

OKをクリックすると、マクロの記録ボタンは「記録終了」ボタンに変わり、マクロ記録がスタートします。ここからは余計な操作はしないように! 音は記録されないので、息は止めなくてOK。

記録が始まったら、リボンの「ホーム」へ行き、「クリア」で「すべてクリア」を選び、A1を消去します。

カーソルをA3に移動させてから(ここ重要!)、「開発」に戻り、「記録終了」ボタンをクリックします。

4.記録されたマクロを試してみます

カーソルはA3にあるので、そのまま、ショートカットキー(Ctrl+l)で実行します。繰り返し実行すると、格子状に消されていきます。A列が終わったら、B2にカーソルを動かし、同じようにショートカットキーを繰り返します。

f:id:komanaho:20161208101534j:plain

楽しいですね♪

今回学んだこと

いかがでしょう? マクロ記録、使えそうですか?
「なんだよ、全然実務的じゃないじゃないか」と思われた方に、もう少し解説しますね。

マクロを相対参照で記録することで、今カーソルのあるところ に処理を実行できるんです。例えば、タイトルなど、良く使うスタイルを記録させておけば、アクティブセルに複数のスタイルをワンタッチでかけることができます。

f:id:komanaho:20161208103049j:plain

また、操作の後、カーソルをどこに置くか によって、全ての手順を記録させなくても、連続の作業を楽に繰り返させることができるんですよー。

さっきは、1マスずつクリアしましたが、1行ずつ挿入していくのも簡単だし、見やすいように1行ずつ色をつけていくなんていう作業にも応用できますよね!

f:id:komanaho:20161208103310j:plain

せっかくの便利な機能なので、是非活用してみてください(*^▽^*)

 

ちなみに、今回は Office365 solo で、Excel2016 を使ってみましたー。Amazon で購入すると、12/31 までの限定で、8% 引きになります。

あと、デスクトップパソコンを買うなら、こちらが最安値だと思います。

1台必要で探していたんですが、今は自分で組み立てるよりも、HPやDell などのBTOパソコンの方が安いです。パーツを大量購入できるからじゃないかな。

でも、Dellは一見安そうでも、税抜価格でうたっていて、しかも送料を4,000円も取るので(まるでピアノを運ぶみたい)結局お高くなってしまいます。