読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長いものには巻かれない

常識は非常識かもしれないと考えてみる

日本人はヨーロッパ人より車の安全性能を重視していないのだろうか

こんにちは。ご訪問ありがとうございます。

週1回程度の更新で済まそうと思っていたのですが、はてなの方は皆さん熱心で、引きずられるように記事を書き続けているなほちゃんです。

このブログは「長いものには巻かれない」というタイトルで書き始めました。自分の考えをしっかり持って行動しないと、騙されたり損したりすることがあるなぁと思うので、そんなことをテーマにしています。

 

さて、今日は車の話です。

 

田舎暮らしをしていると、バスや電車などの公共交通機関がないのでマイカーは必須になります。我が家で購入した車はルノーのカングーという車です。4年経過して、このまま乗り続けると部品の交換代が高そうなので(本国から取り寄せるらしい)、古くならないうちに買い替えることにしました。人気車ということもあり超高額で買い取ってもらい、今は日産のデュアリスという車に乗っています。

 

この2台の車の共通点は何かというと、「ヨーロッパ仕様である」ということが言えます。カングーはフランスの車で、デュアリスはイギリス車で日本に逆輸入したらしい。ヨーロッパ車に乗っているなんてリッチだねって言われそうですが、2台ともそんなに高い車ではないです。プリウスの方がずっと高い。

 

ではなぜ2台ともヨーロッパ車なのかというと「後ろの席にもエアバックが標準でついている」からです。

 

我が家では家族で出かけるときは、運転席がお父さん(飲み会の帰りはお母さん)助手席がお母さん、後ろの席が子どもたちという席順になります。子どもたちを後ろの座席に乗せて、ドライブ中に事故って、エアバックがないために子どもだけ助からなかった、という事態だけは避けたいので、後ろエアバックは必須だと思っています。もちろん、エアバックがあれば全て安全とは思いませんが、エアバックのない車を選んだために子どもを失ったという後悔を味わいたくないのです。

 

そこで後ろエアバック搭載の車を探しました。ところが日本車には標準で搭載されていなかったのです。(探した当時のことなので、今現在は分かりません)日産はオプションで付けられるということだったので、まだマシでした。ひどいのはホンダ。フリードが候補だったのですが、一番グレードの高いタイプでなければ付けられないとのこと。つまり、スマートキーとか、カーナビとか、いろんなオプションと一緒でなければつけられず、後ろエアバックだけを付けることはできない、と言われました。

 

探し回った結果、ヨーロッパ仕様の車に落ち着いたというわけです。ヨーロッパでは前も後ろもエアバックは必須で、ついていない車は売れないので標準搭載になっているらしいです。

 

ちなみにヨーロッパの車はシートの座り心地も最高です。やっぱり椅子文化が長いからですかね。

 

また、故障しやすいのはヨーロッパ仕様の悪いところ。デュアリスは日産なのに些細な故障が多いです。買って3年目で後ろのトランクの扉が壊れて、ガムテープ貼って走ってました。最近、ガソリンたくさん入っているはずなのにエンプティランプが光ったりして、ちょっと怖い。

 

本日のオススメ↓

1回の査定で最大700社があなたの車に金額提示!【Ucar査定】